創業30年超 経験豊富な老舗税理士事務所  ヒシクラ税理士法人

年末調整を受けていない人

 サラリーマンには「年末調整」が適用されるため、原則として確定申告をする必要がありません。ただし、給与所得のみでも確定申告をする必要がある人や還付申告をした方が得な人もいます。

給与所得のみでも確定申告をする人

次に該当する人は、サラリーマンであっても確定申告をする必要があります。

 

年収が2000万円を超えたため、年末調整の適用を受けられない人

年の中途で退職したため、年末調整の適用を受けられない人

勤務先が2ヶ所以上あり、乙欄給与の支給を受けている人

給与所得以外に副収入がある人

 給与所得者が給与以外の副収入を得ている場合、原則として、確定申告をする必要があります。また、医療控除や住宅ローン控除の適用など、確定申告をすることによって、税金が還付されることもあります。

 

副収入があるため確定申告をする必要がある人

@不動産所得や雑所得などが年所得20万円を超える人
A同族会社の役員として会社から家賃や利息などを受け取っている人

 

税金が還付される人

@医療費控除や寄付金控除を受ける人
A初めて住宅ローンを受ける人
B年末調整の際に記載不備があった人

 

 

関連ページ

新規開業される方
個人の方用のページです。
確定申告
新規開業・確定申告・帳簿記帳・給与計算 相続税・贈与税 消費税 その他各種業務
不動産を譲渡された方
新規開業・確定申告・帳簿記帳・給与計算 相続税・贈与税 消費税 その他各種業務
株式を譲渡された方
新規開業・確定申告・帳簿記帳・給与計算 相続税・贈与税 消費税 その他各種業務