税理士 新規開業 申告 個人経営 法人経営 相続 事業承継 経営 税金

創業30年超 経験豊富な老舗税理士事務所  ヒシクラ税理士法人

はじめに

 相続税を節税したいと考える方は、生前から準備をすることが大切です。ところが、遺言書を残さずに、ある日突然に亡くなってしまうことも珍しくありません。遺産分割の取り決めなどで家族が崩壊することもあります。人生で相続にかかわることは多くありません。家族のことを考えるならば、きちんと遺産整理できるように整備しなければなりません。それができるのは被相続人である本人だけです。時折顔を見せる親族に甘くなってしまうのは人の情かもしれませんが、本当に自分を支えてくれているのは誰か、いつも冷静な判断をお願いします。

相続税の申告前に

遺産のリストアップと分割協議

 相続の作業で最も手間がかかる作業です。そもそも遺産がどのくらいあるのか。亡くなった人の財産を相続人はすべて把握しているとは限りません。それでも、財産と債務の一覧表を作成しなければなりません。その財産リストが完成しましたら、相続人同士で遺産の分割協議を行います。

 

ヒシクラ税理士法人の仕事

@財産と債務の一覧表作成の補助
Aリストアップされた財産と債務に値段をつける
B財産の分け方を提案
C遺産分割の相談などその他業務

 

 

財産の名義変更

 財産の名義変更は、本人または専門家でなければできません。ヒシクラ税理士法人では、ベテランの専門家を紹介させていただきますが、ご自身で名義変更手続きされてもかまいません。
不動産・・・相続登記
株券や預金など・・・それぞれの金融機関で名義書換や解約手続

 

 

相続税の申告にむけて

 相続税の申告は、相続した人全員が行うのではなく、遺産の総額が基礎控除を超える場合にのみ義務付けられています。この申告義務の有無の判定は、財産と債務ががリストアップされなければ行えません。なるべく早い段階で、相談者に申告義務があるかどうか判定し伝える必要があります。